デジタルデンティストリーの採用

従来の補綴物(クラウン、インレー)などの製作は患者様の口腔内の印象をとり、これに石こうを注いで石こう模型とし、石こう模型上で技工士が手作業で製作するのが普通でした。近年、手作業ではなくコンピュータにより石こう模型をデーターとして取り込み、画面上で設計したうえでコンピュータ制御の機械で「材料の塊」から削り出す方式(CAD/CAM)が主流となりつつあります。長谷川歯科で補綴を受けられた患者様がたの口腔内にはすでにこの形式で製作されたものが装着されています。

当院ではさらに一歩進んで印象材を必要としない、光学印象(口腔内カメラによる撮影)を採用する予定です。これにより患者様がたにはさらに快適に、精度の良い補綴物を提供することができます。

新着情報の最新記事

  • 長谷川歯科診療所で行っている特殊専門治療

    • 歯根破専門外来
    • 歯内療法専門外来
    • セカンドオピニオン専門外来
    • 歯槽骨再生専門外来
    • 噛み締め、歯ぎしり専門外来

    ご予約・診療について

    現在の予約状況を確認