歯髄細胞による再生歯科医療に関して

歯の中の細胞(歯髄細胞)には「幹細胞」と言って培養方法によって様々な臓器に分化できる能力を持つ細胞があります。

これを培養し、歯槽骨を増やしたり、一度失われた歯髄(=虫歯などの感染により抜いた歯の神経)を再生することが可能になります。当院では近い将来このシステムを導入するための契約を専門会社と取り交わし指定医院となりました。

当院ではすでに再生医療として、国内の開業医では初の「骨髄液から歯槽骨を培養し移植するTE-BONEシステム」を行った実績がございます。これに加え、さらに再生医療の選択肢が増えることになります。

近い将来この治療を多くの患者様に提供できます。

 

新着情報の最新記事

  • 長谷川歯科診療所で行っている特殊専門治療

    • 歯根破専門外来
    • 歯内療法専門外来
    • セカンドオピニオン専門外来
    • 歯槽骨再生専門外来
    • 噛み締め、歯ぎしり専門外来

    ご予約・診療について

    現在の予約状況を確認