0120-978-486現在の予約状況 歯根破折を知る歯根破折を知る

各種クレジットカード
デビットカードが使えます。

クレジットカード・デビットカード

歯根破折とは

About

かつては歯根破折=抜歯でしたが今では多くの研究が進み
歯根破折した歯牙を延命できます。
ご自身の歯を少しでも残したい方はぜひこのホームページをご覧下さい。

歯根破折(しこんはせつ)とは歯の根に、縦のひびが入ったり割れたりした状態のことをいいます。これらが口の中の細菌の通り道になって、歯ぐきの下で歯を支えている骨がどんどん無くなる現象が歯根破折の「正体」です。このような状態が続けば歯がグラグラになりやがて脱落、上顎では上顎洞炎(蓄膿症)の原因ともなります。基本的な治療は「破折線」を封鎖して細菌が侵入しなくなる状態を作ることです。

歯根破折イメージ

当院では、歯根破折に対する診断を
以下のように行っています。

  • アイコン問診、肉眼による
    観察
  • アイコンプローブ値による
    観察
  • アイコンレントゲン
    撮影
  • アイコンCT撮影観察
  • アイコン顕微鏡、肉眼による
    確定診断

歯根破折の原因は

Cause

咬合・ブラキシズム・医源生誘因イメージ咬合・ブラキシズム・医源生誘因イメージ

1.強い咬み合わせ

噛み締めや、歯ぎしり、タッピング(無意識にカチカチ)などを「ブラキシズム」と呼んでいます。
とくに「強い噛みしめ」が歯根破折を起こすと考えています。
極端な場合、就寝中にご自身で歯を「噛み割る」症例すらあります。

2.常的な咬み締め

常に上下の歯を接触させる現象をTCH(歯の接触癖)と呼びます。
長時間にわたるので歯にとって大きな負担になります。
TCHも含め、覚醒時のブラキシズムは長い間に身に付けてしまった「くせ」ではないかと言われています。

3.根の治療をした歯

根の治療(歯内療法)中にリーマーという刃物により根管内にヒビが入る事が分かっています。
このヒビが起始点となって歯根破折が起ると言われています。
さらに健全な歯質を削り過ぎ、歯牙自体が弱くなることでも破折すると考えています。


診療科目

Medical courses

アイコン

噛み締め、歯ぎしり専門外来

歯根破折の原因の一つであるブラキシズムに対する治療をします。現在、覚醒時のブラキシズムは長い間に身についた「くせ」と考えられています。ただ就寝時のブラキシズムは不明なことが多く原因が分かっていません。多くは「ストレス」によるものと言われ、「睡眠障害」の一つと位置付けれらています。当院ではこれらの症状に対して薬剤による治療を主としておこなっております。漢方薬の処方や、筋肉をコントロールをする薬剤などの処方を致します。

噛み締めイメージ
当院では薬剤による治療を得意としています。
漢方薬 心身をリラックスさせる効果を期待して処方します。 粉末の漢方薬が苦手な場合には錠剤、液剤もご用意しております。
筋弛緩系薬剤 筋肉を緩めて、寝ている間の緊張を取ります。 長期の服用はお勧めできません。あくまでもお辛い場合の緊急薬と思ってください。
ボツリヌス製剤 現在最も効果のある薬剤が、ボツリヌス製剤=ボツリヌストキシンによる治療です。ボツリヌス製剤を「噛み合わせに関係する筋肉」に注射する事で、強い噛みしめ力が弱くなります。
アイコン

自己歯牙移植専門外来

イメージ

通常インプラント治療の対象になる欠損部に対して、ご自身の歯牙を移植する処置を専門にいたします。移植の対象になる歯牙は「親知らず」や、「矯正治療で抜歯と診断された歯牙」を用います。あらかじめCT撮影して歯牙の大きさを計測し、ご自身の顎の必要な場所に移植をいたします。難しい症例では歯牙のレプリカモデルを製作して、シミュレーションを行います。最終的に根の治療や、形を合わせるためのクラウンなどが必要な場合がありますが、金属インプラントとは異なりご自身の歯牙が復活します。

ティースバンク(歯の銀行)での長期保存 —最長20年以上—

当院はティースバンク(歯の銀行:広島大学発のベンチャー企業)の指定医院です。「矯正治療で抜歯と診断された歯牙」を数年後に「別の場所」に移植したい、「抜歯をして、骨の治療が終了した後に再び同じ場所に戻したい」など数か月、数年後に再植ができると有利な症例はたくさんあります。この時の保存場所としてティースバンクを利用しています。現在抜歯後の歯牙を「最長20年間以上」保存することができます。健康で、大きな虫歯や感染のない歯を捨てる必要はありません。再び必要となれば銀行から歯牙を取り寄せて移植をいたします。

アイコン

難しい歯内療法

イメージ

他医院で根の治療を何回もしたが、なかなか治らない、何回も歯肉が腫れる、他医院で治療中に根に穴をあけられたといった難しい症例を専門に治療します。外科的に(外科的歯内療法)治療をした方が、歯を残せる可能性も高い場合があります。また「歯根破折」の原因である歯内療法中の根管壁に入る「ひび」の発生を抑えることができる特殊な器具も使用しており、将来起こるであろう歯根破折の発生を防ぐことができます。

アイコン

歯科セカンドピニオン

イメージ

当院初診の患者様の多くは、「なんの説明もされないで削られた」「あと何回の治療で終わるのか教えてくれない」「聞いても答えてくれない」「一体何をされているのかわからない」といった悩みを相談できない状態です。治療方針に悩んだり、治療をしてくれる医師や病院を探し求めて転々とする「歯科被害者」「歯科医療難民」のような患者様がたが多くいらっしゃいます。当院ではこのような患者様方の、セカンドオピニオンや歯科医療相談を積極的にお受けします。

地下鉄丸ノ内線、大江戸線本郷三丁目駅より徒歩5分
都バス本郷三丁目停留所より 徒歩5分

to top