歯根破折の治療

歯根破折について

歯にひびが入る、あるいは割れてしまう場合を「破折(はせつ)」と呼びます。歯茎の中にある歯の根の部分(歯根)に垂直ヒビが入ったり、割れたりすることを特に、歯根破折(しこんはせつ)と呼びます。歯根の先端方向から割れる事も、歯ぐきの方向から割れる事も、中央部付近だけにひびが入っている事もあります。いずれにせよ、本来無菌状態である歯茎の中に、ひびを道として細菌が深く入り込む、または歯根中に染み込んでいる細菌がひびから外部に出て、様々な症状を起こしている「状態」が歯根の破折です。

歯根破折の多くは、解剖学的に元々割れやすい歯牙神経の治療中に根管内壁にひびが入った歯牙、金属の土台を立てて無理に歯並びを変えたような症例、また元々歯並びが悪い方、硬いものを噛むのが好きな方等によく起きます。歯の根を破折したまま放置すると、炎症を起こして周囲の骨がなくなる歯周病と同様の状態になります。

歯茎より上の部分が破折している歯冠部の破折は一般的に抜歯の対象にはなりませんので、当院では扱いません。

当院では、歯根破折に対する診断を以下のように行っています。

問診、肉眼による観察
歯が割れたり折れたりした瞬間に音とバキっとした衝撃を感じることもありますが、歯根破折の症状の一位は歯茎の腫れです。肉眼によりどのような腫れ方かを拝見します。また、破折片が大きく移動し、歯茎から露出している場合もあります。
プローブ値による観察
歯周病との多きな違いは、プロービングの値が1箇所(ないしは偶数箇所)で、異様に大きくなることです。歯周病では1箇所が大きくなることは稀です。さらにプロービングの圧力が通常よりも大きい場合のみに深く入ります。この場所が歯牙破折線の直上です。
レントゲン撮影
レントゲン撮影で破折線が見える場合もありますが、これは稀な例です。レントゲン線の入射角に対して直角に走っている破折線は写りません。従ってレントゲン撮影のみで破折と診断できることは稀でよほど破折片が大きく移動している場合にのみ観察できます。
CT撮影
プローブの値が偶数箇所で大きく、しかしレントゲン撮影で破折線が確認できない場合は、CT撮影をいたします。100ミクロン程度の破折線はCTでは確認できませんが、歯槽骨の大きな吸収が確認できます。CT撮影は余計なレントゲン線の被曝という意味では避けるべきですが、診断に迷った場合は躊躇せず、撮影するべきと考えます。
顕微鏡、肉眼による確定診断
クラウンを外し、金属の土台を慎重に除去し、根管内を顕微鏡により観察します。汚れていて破折線が見えない場合は、根管を消毒したのち(次回の診療時になりますが)に観察します。多くの場合「インキのような染め出し液」を併用することでよりはっきりと観察できます

以上により、確認できた場合「歯根破折」の診断を下します。この後ご希望があれば治療に移行いたします。

 

 

歯根破折の治療 ー眞坂信夫先生ー について

現在、垂直歯根破折した歯牙の処置は多くの場合「抜歯」です。しかし病理をはじめする様々な研究が進み、このような歯牙も保存し、延命することができるようになっています。

垂直歯根破折を起こした歯牙の保存を世界で初めて試みたのは眞坂信夫先生で、1982年とうかがっています。破折した歯根を抜歯して接着修復を行った後に、再植をなさいました。先生は東京歯科大学の出身で、東京都自由が丘で現在も御盛業です(http://www.masaka-dental.com/)。眞坂先生の考案された歯根破折歯の保存方法は、多くの病理学、歯科理工学 等々の基礎研究によって有効性が証明されています。現在多くの施設において行われている歯根破折歯の保存方法は様々なバリエーションがあっても基本的には「Dr.眞坂の方法」です。「Dr.眞坂の方法」のみが基礎的学問に支えられた方法です

 当院でも眞坂先生の考案された方法を基礎として、これに新たな研究結果を加味して歯根破折歯の保存を行っています。

垂直歯根破折歯の接着保存法の現在の立場

「歯根破折の接着保存法」やこれに関連した多くの研究は、各種「専門学会のシンポジウム」、「文部科学省の科学研究費助成」の研究課題として採択されております。当初は再現性に乏しいと言われたこの方法も、多くの関連研究、機材の発達に支えられ「歯牙の延命保存法として確立」されております。

また「破折歯は必ず抜歯」との立場を取っていた国立大学に在籍する関係者でさえ、多くの研究をもとにして本法は「歯牙の延命保存法」として有用との書籍を出版するに至っております。このように、本法は立場の違いこそあれ、多くの臨床家、多くの大学の間で「エビデンスのある歯牙の延命保存法」としての地位を確立しております。

これだけ、多くの研究対象となっている本法ですが、一部の歯内療法専門医グループでは、基礎的研究の裏付けのない=エビデンスのない、「開業医のやるような」「民間療法」との扱いをしています。破折歯は保存しても長期予後が期待できないので、必ず抜歯」との方向に患者様方を誘導し、最初から治療の対象にすらしないようです。

しかし、病理的に現症を全てご説明し、あらゆる治療法を提案した上で患者様が希望さるこの方法は真の患者様の利益にかなうものと信じております。

少しでもご自分の歯牙の「延命」を考えられるならば、このようなグループの迷言に惑わされることなく、納得できるまでドクターを探すことをお勧めいたします。

歯根破折の原因について ー当院における歯内療法ー

歯根破折には様々なパターンがあり、これらが生じる機序については未だ不明な点もあります。咬合力によって生じる破折(外傷のような)もありますし、医原性(治療が原因)の場合もあります。医原病と考えるならば、とくに歯内療法と関係して、歯根の破折が起きる事があると言われています*。

歯内療法は根管内の無菌化を計るために根管に器具を挿入し感染部位を「物理的に除去」、薬剤による殺菌ののち、根管充填のために根管内の充填材(ガッタパーチャ)を「加熱」したり、「加圧変形」してぴったりと充填します。ガッタパーチャに対する加圧操作、この材料自体の熱膨張により、破折の起始点である「クラック*」が「伝播」して歯根表層に達する事で歯根破折が生じると考えられています。*(*:Shemesh H,Bier CAS, et al. Int Endod J. 42:208-213 2009 )

最近、歯内療法の効率向上のためにエンジン駆動のロータリーインスツルメンツを多用する傾向が見られます。一本のリーマーで仕上げまでするような「回転」、または「反復回転」タイプ等の器械が普及しています。術者側からすれば容易に効率よく「象牙質を削除」できる訳ですが、削られる根管側からすると無理な力で象牙質に食い込んだ刃部が「がりがり」根管内面を削除するので、少なからずひびが入る事になります。このひびが破折の起始点であるクラックとなります。

文献によれば「あるロータリーシステム」では治療した根管のうち、60%にひびが入る*事が確認されています。このひびが破折の起始点であるクラックとなり、術者がこのひびをさらに加圧根管充填して広げるのですから、治療が終了したときには、既に「歯根破折の準備」が完了、またはすでに「割れ始めている」という見方もできます。(*: Yoldas et al  J.Endod  38:232-235  2012)さらに、健康な象牙質を削去してまでメタルコア(金属の土台)を立てるに至っては単なる破壊としか思えません。

当院で行っている歯内療法では治療中に入る「ひび」が0%である特殊なシステム*と、「加圧をしない根管充填」を行うので治療が終了しても「歯根破折」の原因となるひびが入ったり、広がる心配がありません。(*: Yoldas et al  J.Endod  38:232-235  2012)

 現在では歯根破折した症例でも延命、保存を目的とした治療の対象になっています。残念ながら非常に高度な技術が必要になり、接着材で割れ目を修復して元に戻せばよいという簡単な事ではありません。全国でも実施できる歯科医院は少ないのが現実です。当院では、この手間がかかり精密な治療が求められる歯根破折の治療に特化して「歯根破折外来」を併設しています。

歯根破折歯を保存した後の維持、再歯根破折の防止のために

歯根破折した歯牙を保存した後の維持再歯根破折を防止するために当院で行っている様々な方法があります。

噛み締め、歯ぎしりの治療:噛み合わせが強い、夜間の噛み締め、日中も常に噛み続ける、柔らかく長時間歯があたっているような患者様は、歯根破折をおこしやすくなります。ご自身で噛み合わせの「コントロールが困難」な場合、投薬、注射により症状を軽減出来る可能性があります。当院ではこれらの症状を専門に治療する「噛み締め、歯ぎしり専門外来」を併設しております。
矯正:多くの歯根破折症例で歯列不正が見られます。歯並びが悪く、理論的には「あり得ない」部分で咬合して噛み割る場合があります。このような患者様は修復して保存を試みても、再破折をする可能性が高まります。このような症例では保存処置後に矯正処置で歯列不正の治療をお願いしています。当院では保存修復を終了した患者様のうち、約60%の方に小矯正、または全顎矯正をしていただいています。歯列矯正に必要な「頭部X線規格写真=セファログラム」を撮影する特殊なX線装置が当院には設置されています。また歯列矯正専門医との密接な連携を行っており、当院ですべての歯列矯正処置を行っています。
顎顔面の手術:患者様の中には、歯列不正の原因が「歯並び」の問題でなく、「顎の位置」にある方がいらっしゃいます。下顎がでている、噛み合わせが深い、上顎がでている、顔面非対称(顔 が曲がっていて、片側だけでしか咬合していない)等の症例は矯正処置だけでは治す事ができません。顎の位置を本来あるべき位置に戻す事で、更なる歯根破折 を防ぐ可能性が高まります。今まで数人の患者様にこのような状況が見られ、歯根破折歯の保存修復処置の前後に顎変形症の手術を受けていただきました

 

 


 

 

 


  • 長谷川歯科診療所で行っている特殊専門治療

    • 歯根破専門外来
    • 歯内療法専門外来
    • セカンドオピニオン専門外来
    • 歯槽骨再生専門外来
    • 噛み締め、歯ぎしり専門外来

    ご予約・診療について

    現在の予約状況を確認